曲/まふまふ様

 


風吹けば 夢のまにまに 
行く宛のない僕は歌う 
夢花火 空の彼方へ

ずっと ずっと 夢を見ていた 
やっと やっと 君を見つけた

二人歩いた小道 なぜか大きく感じるんだ 
君の写真を抱いて 1人きり ねむる

風吹けば 夢のまにまに 
行く宛のない僕は歌う 
君は今 浮世の中で 
笑ってくれますか

ずっと ずっと 君を捜して 
やっと やっと 君を見つけた

夏の夜には浴衣を着て はしゃいだ帰り道 
またね と離す手の 距離が無限になる

君が好き 君だけが好き 
確かめ合えた あの日はもう 
夢花火 空の彼方へ 
消えていくのですか

さよならを口にするたび 
君に逢えない気がするんだ 
この声が 時間を越えて 
届いてくれるよね

ねえ ねえ ずっと君のこと

風吹けば 夢のまにまに 
行く宛のない僕は歌う 
この声よ 月夜を越えて 
届いてよ ねえ

もう一度 もう一度だけ 
君に幸せと言わせたい 
もう一度 もう一度だけ 
君に会いたいだけ

君が好き 君だけが好き 
確かめ合えた あの日はもう 
夢花火 僕を残して 
消えていくのですか

ねえ ねえ