そう気高く濁した廃都市みたいな
この鉄塔を仰いだ街が ボク自身だった
潜める墓場と 負け犬ベンデッタ
その閑散な姿に大停電が降った

味気ないくらい価値もない舞台 きっと愛もないだろう
半透明の蜃気楼 白昼に腐って
味気ないくらい誰も泣いてない だって情もないだろう
ずっと歌を歌っていよう 退屈だろ

でもそんな殺風景にキミはいた

鈍色の廻り廻る感情は重なり合った
この大都会の愛と哀を熱く絡ませ
キミを守る街は光放った
ほらドドメ色の雨が降って視界を塗り潰した

愛も知らないまま 汚れたまま

そう絞り上げては また吐き出した
平べったい言葉は静寂を切った
奇っ怪な街と 堕胎、性、バルティーゴ
その劣等を孕んだボクは恥辱に浸かったまま

そんな殺風景にキミが送り込んだ幻想
照り付ける閃光 眩んだ原風景に火を灯せ

今までの混ざり混ざる現象は切先になった
自己防御に独占欲が淫らに溶けて
火花散りネジ巻き 群衆を駆けた
でも気付かれはしないまま 捻くれたボクさ

愛も逆巻くほど許されない

歪みだす心も こんな姿ならキミも愛も崩れ去れば鎖は解かれるの?
ガイドラインの夜光虫に似た街灯 誘う月光列車
湿る世界からキミ一人をはじき出せば誰のものになるだろう
皮肉に咲いた街で

廻り廻る感情は重なり合った
この大都会の愛と哀を熱く絡ませ
キミを守る街は切なく尖った
まるでボクは振りかざす刃で

「誰か許してよ」って ただ 身勝手な声響かせて
助からない生命線だって仕方がないって
キミを守る街にキミはいなくて
それならボクはこの街の孤独な亡霊だ

愛も知らないまま 生き続けよう