歌/奥華子様




終電後の 誰もいない道に
二人の悲しげな 一つの影
もう二度と、もう二度と 会わないと
心に誓い合った夏の夜

ただそばにいるだけで、笑い合えた
そんな日が続いていくと、信じてた
あなたを嫌いになるくらいなら
このまま二人で夜になりたい

最後の口づけ 触れるだけで痛いよ
いとしい気持ちが溢れて
あなたを壊す前に

抱きしめて、あなたの腕で
あと一秒だけでも こうしていたい
もう喧嘩することも
もう焼きもちやくことも
もう顔を見ることさえ 出来なくなるの

不思議だね どうして人はすぐに
守れない約束をするのだろう
人の心を繋ぎとめるものなど
どこにもないと知っているのに

最後の言葉が 優しすぎて痛いよ
二人はお互いのこと
分かりすぎてしまった

抱き寄せて、私の胸に
子供のようなあなたの髪を撫でたい
もう横で笑うことも
もう横で眠ることも
もう名前呼ぶことさえ 出来なくなるの

心を繋ぎとめられるものは約束じゃない
約束は、自分への気休めなのだろうか・・・

抱きしめて、あなたの腕で
あと一秒だけでもこうしていたい
もう喧嘩することも

もう焼きもちやくことも
もう顔を見ることさえ 出来ないのなら
もう会いたくなっても
もう息が出来なくても
あなたを呼ばないと、約束するから
あなたを呼ばないと、約束するから